記述式の対策方法とは?

記述式の対策方法とは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 時々、「記述式の対策を教えてください」という ご相談をいただきます。 結論から言うと、特別な対策は必要ありません。 理由は2つ。 まず1つ目は、択一の勉強をしていれば、 必然的に記述の対策にもなるからです。 受験回数が多く、よほど、やることがなく、 時間が余って、余ってどーしよーもない、 という状況なら話は別ですが。 そもそも、そのような受験生は、前の年で 受かっているはずですよね? 通常は、択一式だけの勉強でOKです。 というより、特別な対策をして記述に 比重を置くと、かえってリスクなります。 それは、今からお話しする2つ目の理由になりますが、 記述で難易度を調整している可能性が非常に 高いです。 択一が比較的簡単な年は記述の採点が厳しく、 逆に択一が難しい年は、記述の採点を甘くしている 傾向が見て取れます。 あくまでも、勝手な判断にすぎませんが。 ただ、このような傾向が少なからずある以上、 記述に依存してしまうと、万一、択一が簡単だった場合、 記述で部分点がもらえず、不合格になりかねません。 そこで。 私が毎年、マニュアルを通して受験生に アドバイスしているのは、 ■■■■■■■■■■■■■■■■■ 択一だけで合格ラインを突破しろ ■■■■■■■■■■■■■■■■■ ということです。 そして、実際にそのような受験生が続出し、 結果として記述を含め、高得点で合格しています。 実は、ここが短期合格の秘訣の1つでもあります。 くれぐれも、記述に特別な対策を 立てるのはやめましょう。 それよりは、択一だけで合格ラインを突破することを 常に考えて勉強するべきです。 択一だけで合格ラインを突破するべく、 勉強をしていると、どうなると思いますか? 本試験の夜、自己採点だけで合格が確定します。 「記述を含めなくても合格ラインを突破しています。」 「択一だけで合格ラインを突破しました。」 このような受験生が毎年、続出しています。 記述式の特別な対策は必要ありません。 それよりは、とにかく、択一だけで合格ラインを 突破する勉強をしてください。 ちなみに、択一だけで合格ラインを 突破する勉強法はこちらです↓ 今すぐ下記をクリックして マニュアルをご注文ください。 行政書士試験短期合格勉強法 では、では。 坂庭


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME