行政書士試験で成功する人と、そうでない人の決定的な違いとは?

行政書士試験で成功する人と、そうでない人の決定的な違いとは?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 今日は、「成功する人と、そうでない人の 決定的な違い」について。 私は行政書士試験を受けて、一発合格し、 その後、サラリーマンを辞めて、独立開業しました。 今は、起業家として経営者として事務所を構え、 スタッフを雇い、ビジネスをしています。 こうして、受験生をフォローする一方で、 開業者にもアドバイスをしているんですが。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ここで、「何をしてもうまくいってしまう人」と、 「何をやらせてもダメな人」に分かれます。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ビジネスでいえば、成功する人と、成功しない人。 受験生でいえば、受かる人と受からない人。 その2つのパターンに分かれます。 なぜ、そのような違いが生まれるのか? 答えは、簡単です。 「成功する人は、その道で成功した人の やり方をマネしている」 そして、 「成功しない人は、自己流でガムシャラに 無駄な努力をしている」 ということです。 「もっと、速く走りたい」と思ったら、自分よりも 速く走れる人に聞けばいいですよね? 「どうしたら、そんなに速く走れるようになるの?」と。 飲食店で成功したいなら、飲食店で、すでに 成功している人に聞けばいいですよね? 「どうしたら、そんなに行列のできるお店にできるの?」と。 勉強も同じです。 短期合格したいなら、短期合格した人に聞けばいいだけのことです。 「どうしたら、そんなに短期間の勉強で 一発合格できるの?」と。 そして、その方法を素直に忠実に実践するだけ、です。 ×自作のノートを作成し、キレイにまとめて勉強している ×机に向かって、ガリガリ勉強している ×基本書を頭から丸暗記している ×基本書を無視して、いきなり過去問から解いている そのような「自己流」で、効率を無視した勉強では 何年チャレンジしても受からないことは、すでに 分かっています。 上記のようなやり方は、「成功しない人」であり、 「受からない人」の勉強法です。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ もし、今年度の行政書士試験で受かりたいなら、 短期合格する方法を知っている私たちのやり方を そのままマネしてください。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 事実、 ◎初めての受験で、右も左も分からない方 ◎受験回数が8回、9回の人 ◎60歳前後から挑戦した人 ◎小さい子供を抱えて被災し家を失った人 ◎一度は通信講座で挫折した人 そのような方でさえ、【マニュアルを購入した年】に みなさん、合格を果たしています。 今ではもう、「受験生」ではありません。 私と同じ「行政書士」です(笑) そろそろ、過去問や予想問題集を 解いて、アウトプットし、得点を伸ばさなければ ならない時期になってきました。 私たちがご提供しているマニュアルを買って 実践している受験生からは、 「ようやく、これまで実践してきたことが、 得点としてあらわれてきました」という ご報告をいただくようになりました。 まだ、時間はあります。 マニュアルを活用すれば、択一だけで合格ラインを突破し、 200点を超える高得点で合格することも不可能ではありません。 試験が終わった夜に、自己採点で地獄を見るか・・・ それとも、 自己採点の段階で、択一だけで合格ラインを突破し、 喜びの雄叫びを上げるのか(笑) それは、あなたが決めることです。 もし、あなたが、 「自分も択一だけで合格ラインを突破したい」 「今年こそは、絶対に受かって、行政書士になりたい」 と思ったら、是非、マニュアルを活用してください。 マニュアルのご注文はこちらをクリック↓ 行政書士試験短期合格勉強法 では、では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME