行政書士の仕事

行政書士の仕事

行政書士試験に合格すると はれて「行政書士」としての身分を手に入れることができます。 行政書士とは簡単にいうと 法律に関する書類を作成できるようになるという資格です。 行政書士は排他的地位を得ることができる資格なのです。 行政書士が作成できる書類とは、 すべて合わせると1万点以上にもなるといわれます。 それだけ、法律に関する行政書士の役割は大きいのです。 一般的に行政書士の作成できる書類として有名なのは、 「株式会社の設立」 「金融機関に対する融資の申込み」 「自動車登録に関する書類作成」 「建設業免許の申請」などです。 ただ、有名ということは、 それだけ競争の激しい業務ともいえます。 競争の激しい分野でナンバーワンを勝ち取るか、 それとも、誰もやっていない業務を開拓し オンリーワンを目指すか、が 行政書士の戦略として重要なのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME