行政書士試験の会場について

行政書士試験の会場について

行政書士試験の会場となっているのは、 主に大学や専門学校、高校のキャンパスです。 基本的には全都道府県に最低1箇所はもうけられていますが、 自分の居住地の都道府県の受験場所でなければ 受験ができないというわけではありません。 行政書士試験を受験するためには、 毎年8月上旬から9月上旬の定められている期間内に、 インターネットや郵送によって申し込みを行わなければいけません。 このとき、行政書士試験を受験する場所の希望地を記載しますが、 出願時期によっては希望通りの場所で受験ができない場合もあります。 意外と知られておりませんが、 受験会場には「当たり」「外れ」があります。 「外れ」を引くと試験中でも外から大きな物音や声が 聞こえてくることがあります。 受験生にとっては、大切な行政書士試験ですが、 試験会場の学校に通う生徒さんにとっては、 単なる日曜日でしかありません。 「行政書士試験会場」と看板があっても、 「へぇそうなんだ」くらいの認識しかないでしょう。 もしかしたら、近隣では「デモ」や「大規模工事」が おこなわれるかもしれません。 例え願書提出する前に念入りに下調べしても、 100%避けることは不可能かもしれませんが、 少なくとも受験経験のある方は、 過去に受けた試験会場がどうだったかよく考えて、 会場選びをおこなうようにしましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME