行政書士と社会保険労務士

行政書士と社会保険労務士

これから法律関連の資格を取得しようと考える人は、 「何の資格を取得しようか」というところから スタートすると思います。 そこで思いつくのが、 「行政書士」と「社会保険労務士」でしょう。 行政書士は完全に独立開業向けの資格ですが、 社会保険労務士は独立開業だけでなく、 企業内で働くという資格の使い方もできます。 社会保険労務士は会社の総務部に勤務し、 社会保険や給与、人事などの専門家として 働くことが可能です。 一方で「行政書士」は扱える業務範囲が広いため、 自分の専門業務を見つけて、 独立開業するケースが多いといえます。 一見、似たような資格にもみえますが、 勉強内容、資格の活用方法は、 まったく違いますから、 どちらを選択するか迷っている人は、 「自分がどうなりたいのか」をイメージしてから 決めると良いでしょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME