行政書士と司法書士

行政書士と司法書士

行政書士と似た名前の資格に「司法書士」があります。 司法書士もまた社会保険労務士と同様に、 行政書士の資格を目指す際に、取得すべきか悩む資格です。 行政書士と司法書士は、いずれも手続きが必要な公的書類を 作成する業務を請け負う仕事という点では同じですが、 扱える書類の種類などを見ると若干の差があります。 行政書士と司法書士の資格取得難易度を比べてみると 司法書士の方が断然難関となっています。 司法書士は、現在の日本国内で行われている国家資格の中でも 片手に入るほどの難しさです。 しかし、行政書士の試験範囲と司法書士での試験範囲は かなり重複する部分があるため、 先に行政書士の資格を取得をしてから、 司法書士の資格をのちに目指すという受験生は数多くいます。 もちろん、目的をきちんと持ったうえでダブルライセンスを 目指すのならば良いのですが、 「行政書士では生活できないだろうから、 司法書士も両方取ろう」という考えはナンセンスです。 行政書士でお金を稼ぐことのできない人は、 司法書士を取得したところで、 生活できないことに変わりないからです。 行政書士で稼いでいる人はたくさんいます。 司法書士で稼いでいる人もたくさんいます。 そして行政書士でも司法書士でも稼げていない 人もまたたくさんいます。 資格を取ることを目的とするのではなく、 「自分がこの資格を使って何を実現したいのか」 かが重要なのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME