行政書士試験の試験科目

行政書士試験の試験科目

行政書士試験の出題範囲は、 「関連法律」および「一般知識」となっています。 行政書士の試験内容となっている法律は、 大きく分けて「行政法」「民法」「憲法」 「基礎法学」「商法・会社法」の5分野です。 一般知識というのは、いわゆる一般常識のことであり、 「政治・経済・社会」「情報通信」「個人情報保護」 「文章理解」の4分野で構成されています。 試験内容の点数配分を見ると、 最も高くなっているのは「行政法」で、 約4割の配点があります。 次いで点数の多い「民法」で、こちらは2割ほどです。 つまり行政法と民法の出来が、 行政書士試験の合否を左右するのです。 行政書士試験は科目によって、 配点が大きく異なりますから、 いかに「配点の高い科目」を得意科目にできるかが とても重要なのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME