行政書士試験の試験科目(憲法)

行政書士試験の試験科目(憲法)

行政書士試験において憲法からの問題は、 比較的多めに出題をされる傾向にあります。 ただ、憲法の特徴としては、 非常に文章的に練られたものとなっており、 難易度としては易しいものと、 難しい問題の落差が激しいといえるでしょう。 これは憲法は条文数が103と非常に少ないことも起因しています。 条文からの出題は多くのテキストでも記載があり、 易しい問題が多いのですが、一方で判例からの出題は 非常に難しいのです。 しかし、試験範囲としては「基本的人権」と「政治機構」が ほとんどです。 平成23年度に出題された憲法問題は「議員定数不均衡」であり、 このように時事的に有名となって論点が 用いられるパターンも近年多くなっています。 問題の難易度の差が大きい科目は、 「いかに簡単な問題を落とさないか」が重要になります。 基礎的な勉強を疎かにせずに、組織や役割及び機能などの関係性を しっかりと理解することが憲法攻略の鍵といえるでしょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME