行政書士試験の試験科目(基礎法学)

行政書士試験の試験科目(基礎法学)

行政書士試験の中で、「基礎法学」は重要度の低い科目と いってよいでしょう。 問題数も2問程度と少ないため、 多くの時間を割くわけにもいきません。 しかし2問中1問は、比較的やさしい問題であり、 「この1問を確実に取る」という意識が大切です。 基礎法学の問題は「根本的な法律についての考え方を問うもの」が多いため、 基礎法学単体で学習するのではなく、他の法令科目を勉強する中で学ぶといった 学習方法がお勧めです。 なるべく多くの問題を解き、 「基礎法学ではどのような知識が問われるのか」 掴めるようになると基礎法学は安定して得点できるようになります。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME