行政書士の将来性

行政書士の将来性

行政書士を目指す人たちにとって、 気になるのは将来性があるかどうかでしょう。 行政書士という資格を歴史的にみたとき、 長く国の業務に携わってきているので、 すぐになくなってしまうような心配はありません。 ただし、国の業務も近年のIT化の流れに従い 従来までの紙ベースからペーパレスでの 管理方法に変わってきているので、 時代への適応能力は重要といえるでしょう。 また、行政書士の業務内容には 「建設業」「風俗業」「会社設立」などの書類作成がありますが、 求められる業務は年々変化しているので、 常に同じ仕事をしていればよい、というわけではありません。 時代が刻々と変わる中で、どこに仕事の需要があるのか見つけ、 自分自身成長し続けることが求められるのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME