行政書士の年収

行政書士の年収

行政書士を目指すうえで気になるのは、 「どれくらい稼ぐことができるのか」ということでしょう。 行政書士試験の突破を目指すのであれば、 リターンがどれくらい大きいのか考えるのは当然でしょう。 開業した行政書士は一体どれくらいの 年収を得ているのでしょうか。 開業行政書士として活躍をしている人は数多くいますが、 実際の年収を見ると非常に幅があることがわかります。 100万以下の人もいれば、 1000万~2000万程度の年収を得ている人もいます。 中には5000万以上や1億円という単位で 年収を得ている開業行政書士も見られます。 これは専業か副業かという違いもあるでしょう。 建設業を営みながら行政書士をやる。 サラリーマンをしながら行政書士をやる。 税理士をしながら行政書士をやる。 こういった副業行政書士は、行政書士の他に本業があるため、 「行政書士」はあくまで本業のオプション的扱いであって、 行政書士単体で多く儲けようとは考えていません。 一方で専業行政書士で営業力がある人の場合には、 総じてサラリーマン時代よりも収入が多くなっているように思えます。 行政書士の年収を考えるときは、 本業か副業かによっても異なりますし、 中には「単なる肩書き」として開業しているにすぎない人もいますから、 そこを区別して考える必要があります。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME