行政書士の仕事

行政書士の仕事

行政書士試験に合格すると、 どういった仕事をメイン業務にするか考えるようになります。 行政書士の主な仕事は、「書類作成」です。 ただ、「書類作成」といっても、建設業や風俗業などの 許可申請書類は、すでに大半の法人にはつながりのある行政書士がおり、 新規参入するのは非常に難しいといえるでしょう。 また、法人の設立手続きなどは、価格競争におちいっており、 「どれだけ安い価格で仕事できるか」の勝負になります。 これらのやり方で、長期的安定的に仕事を継続していくのは、 困難といえるでしょう。 では、どうすればよいか。 それは「誰もやっていない分野を開拓する」 「他の行政書士と違った付加価値をつける」などです。 特に、近年は法改正も頻繁におこなわれています。 法改正がおこなわれるということは、新しいルールになるわけですから、 仕事を獲得する大きなチャンスといえるでしょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME