スケジュールは立てましたか?

スケジュールは立てましたか?

行政書士の坂庭つとむです。 新年度がスタートして早くも半月以上が経過します。 受験までのスケジュールは立てましたか? こんなご相談をいただきましたのでご紹介します。 Mさんからのご相談です。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ =================================== > 私としましては、21年度の受験を視野にいれ > 今はまだ準備段階といったところで、 > 具体的にはまだ何も決めていない状況です。 > また、今後ともよろしくお願いいたします。 1年はあっという間です。 今年度の試験が終わり、年明け2月に 合格発表。 新年度がスタートして落ち着いた頃には ゴールデンウィーク。 梅雨が終わると夏休み。その頃には 行政書士試験の直前期と呼ばれます。 試験の勉強はいつ始めても 早すぎるということはありません。 実際に今年度の合格を目指して勉強している 受験生からすでにご相談をゾクゾクといただいています。 Mさんも是非、早めに取り組んでください。 まずは、逆算してスケジュールを組むといいですよ。 そうすれば、「今月にやるべきこと」「今週中に 終わらせなければならないこと」「今日やっておきたいこと」が 明確になります。 あとはそのスケジュールにそって進めるだけです。 今年度の合格を目指して、一緒に頑張りましょう。 坂庭 =================================== ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ いきなりテキストを買ってきたり、スクールや 通信に申し込んで勉強を開始しても、なかなか うまく進みません。 まずは、受験までのスケジュールを組みましょう。 スケジュールを組まずに闇雲にスタートしても 「憲法をいつまでに終わりにするか?」 「民法にどれくらい時間を使うか?」ということを 計画しておかないと、行き当たりばったりで ペースが掴めません。 一番、時間を割きたい部分で時間を使えなかったり、 スムーズに終わらせなければならない部分で ダラダラしてしまったり、、、。 最悪の場合、「最後まで一通り勉強が終わっていない 状態で本試験」なんてことになりかねませんよ。 実際に、そのような状況では「記念受験すらせずに、 何年も勉強しているだけで一度も受けていない」という 方もたくさんいます。 これは本当なんです。 「すでに●年も勉強しているのですが、 まだ一度も受けたことがありません」という 方からもご相談をよくいただきます。 じっくりと考えてみてください。 「ペーパー試験のお勉強をすること」が 目的ではありませんよね? ・法律家になって困っている人の助けをしたい ・サラリーマンを辞めて独立開業したい ・フリーで自由な生活を手に入れたい ・リストラの不安から解放されたい ・ヘトヘトになって働く生活から抜け出したい ・ギリギリの収入で生活する人生を止めたい ・実家で肩身の狭い生活をしたくない ・妻や子供を十分に養ってあげたい ・趣味や旅行にお金と時間を使いたい いろいろあると思います。 合格して独立開業したら どんな法律家になりたいですか?そして、 どんな生活を手に入れたいですか? あなたの夢を是非、私に聞かせてください。 メルマガで同じ受験生と夢を共有しませんか? こちらからあなたの今の夢や気持ちを聞かせてください。 フォーム それでは、次回またお会いしましょう。 行政書士試験ラクラク勉強法 ※ 今年度版のご提供は先着500名様になります。 ※ 今月の限定特典にご注意ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME