平成24年度行政書士試験の合格率予想

平成24年度行政書士試験の合格率予想

近年、行政書士試験の合格率は、比較的安定していますが、 それでも年度によって異なります。 過去5年の合格率の推移をみると、 「平成19年度8.64%」「平成20年度6.47%」 「平成21年度9.05%」「平成22年度6.60%」 「平成23年度8.05%」と「難しい年」と「易しい年」 が交互にきています。 この法則でいくと今年は「難しい年」になり、 合格率は8%の水準を割り込むと予想できます。 過去の試験を振り返ってみても、 合格率が上がった翌年は下がることが多いようです。 最初から合格率を設定しているとも考えられますが、 一方で、偶然そうなっているとも思えます。 果たして、今年の行政書士試験の合格率は 何パーセントになるのでしょうか。 その結果で意図的にそうしているのか、 それとも偶然そうなっているに過ぎないのか、 見極めがつくかもしれませんね。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME