行政書士試験の過去問分析

行政書士試験の過去問分析

行政書士試験の過去問を見ると、 出題範囲に偏りがあることが分かります。 例えば、過去10年の民法からの出題を見てみると、 「物権」の中で「物権変動」「担保物権」は ほぼ毎年出ていますが、「占有権」「用益物権」などからは ほとんど出題されていません。 だからといって、今年もその通りになるとは限りませんが、 試験直前期では「出る確率の高いところを中心に勉強する」 といった考えも必要になってきます。 出題傾向については基本テキストにも載っていますので、 参考にして勉強すると良いでしょう。 あとは「直前対策」と題した「重要なテーマだけをまとめた冊子」も 各出版社から発売されていますので、 そういったものも利用して、試験に出やすいところより重点的に 学習するのもお勧めの勉強法です。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME