行政書士試験でのトラブルを想定しよう(2)

行政書士試験でのトラブルを想定しよう(2)

前回のエントリーの続きです。 行政書士試験でのトラブルとしては、 他に「時計トラブル」が考えられます。 おそらくほとんどの試験会場には「時計」がありますが、 中には教室の横や後ろに付いていたり、 最悪の場合は、時計自体がない教室もあります。 時計が教室の横や後ろにあるのは、 おそらく大学で講義をおこなっているときに、 先生に見えやすくするためでしょうが、 前の方の席だった場合、まったく見えないことも 考えられます。 そういったケースも想定しておく必要があるのです。 行政書士試験で使用可能な時計は、 「腕時計」だけです。 「受験票」「筆記具」「腕時計」以外は机に置いてはいけません。 携帯電話を時計代わりにすることは認められていないのです。 ただ、腕時計だって壊れてしまう可能性がありますから、 できたら2つ持っていくと良いでしょう。 もし1つしか持っていないならば、 家にある「目ざまし時計」を持っていってください。 「腕時計が壊れたので、目ざまし時計を使用してもよいですか?」 と相談すれば駄目とは言われないでしょう。 仮に駄目だとしても、何らかの対策を講じてくれるはずです。 ちなみに、私も本試験場には、目ざまし時計を持って行きました。 とてもかわいい目ざまし時計だったので、 実際に使用することにならずに、 ほっとした記憶があります。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME