2012年の行政書士試験で狙われるテーマとは(3)

2012年の行政書士試験で狙われるテーマとは(3)

前回のエントリーの続きです。 「2011年度の日本の貿易収支が 48年ぶりの赤字になった」というお話をしました。 つまり貿易赤字ということです。 ところで、「貿易収支」とは一体何でしょうか? 簡単にいうと「輸出と輸入どちらが多いか」ということです。 2011年、日本では震災が起こりました。 そして円高、世界不況が蔓延しています。 震災で原発が止まったことで、より一層エネルギーを、 海外に求める必要がでてきました 一方で、円高や世界不況のため輸出は落ち込んでいます。 原発が止まったことで火力発電のための大量の燃料を 中東各国から輸入しなければならず、 しかし、輸出は厳しい情勢が続く。 つまり、輸入額>輸出額なり、 日本全体として赤字になったということです。 これが貿易赤字の仕組みです。 ですが、実は日本は「貿易赤字」であるとともに、 「経常黒字」でもあります。 分かりにくいですよね。 「経常黒字」というのは「経常収支が黒字」ということです。 例を挙げると、日本は大量のアメリカ国債を持っています。 国債を持っているということは、毎年、利息を受け取ることが できるということです。 他にも日本企業が外国企業から社債や 株の配当金を受け取っています。 こういった投資による海外からの利息や配当金を 「所得収支」といいます。 日本は「所得収支」で受け取れるお金が大きいので、 「貿易赤字」でもそれを補って余りある「所得黒字」が あるため、全体としては「経常黒字」となっているのです。 会社でいうところの、 「営業利益が赤字で、経常利益が黒字」 というのに近いです。 家庭で例えると、 「給与手取りが毎月30万円で、支出が32万円。 だけど、毎月7万円配当金を受け取っている」 といった感じですね。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME