日曜日は模擬試験や予想問題集に挑戦しよう

日曜日は模擬試験や予想問題集に挑戦しよう

行政書士試験まで残り42日です。 皆さんラストスパートで頑張っていることでしょう。 今日は、Nさんからご質問をいただきましたので、 ご紹介したいと思います。 「テキストや択一問題集など勉強してきましたが、 まだ自信を持つことができません。 そのため、予想問題集を解くのが怖くて、 まだ取り組んでいないのですが、 今後どのように勉強を進めればよいでしょうか」 毎年「予想問題集を解くのが怖くて入れない」 という受験生はたくさんいます。 しかし、予想問題集を解いたことのない受験生が 合格したという話は、いまだかつて聞いたことがありません。 「予想問題集を解くこと」よりも 「予想問題集を解かずに本試験に挑む」方が 私から言わせると「100倍怖い」ことです。 初めて本試験を想定した問題を解くのが、 本試験そのものというのは恐ろしすぎます。 初めから「予想問題集や模擬試験で合格ラインに達する」 人なんていません。 180点どころか100点以下の人だってたくさんいます。 でも、そこがスタートの第一歩なのです。 そもそも予想問題集は 「全部完璧に覚えてから受ける」ものではありません。 「とりあえず、全然覚えられてないけどやってみるか」 くらいのとこからスタートするものです。 解いてみないことには気づけないことはたくさんあります。 最初は3時間ぶっ続けで解くこと自体が大変です。 時間配分もどのペースで進めるのが良いか、 まったく分からないことでしょう。 問題は分からないものだらけかもしれません。 それでも「まずは解いてみること」が重要なのです。 平日は続けて3時間の時間を取ることは難しいでしょうから、 毎週、日曜日におこなってください。 (もちろん土曜日でも良いですし、平日休みの人は休みの日に やってください) やらないことには始まりませんし、 今始めたとしてもギリギリ間に合うかどうか、 というところでしょう。 それくらいのタイミングです。 少なくとも週に1度は本試験を想定した 模擬試験や予想問題集に挑戦するよう心がけましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME