行政書士試験で出題されるかもしれない「情報通信用語」/「デザリング」

行政書士試験で出題されるかもしれない「情報通信用語」/「デザリング」

先日、「ソフトバンク」が同じ情報通信会社の 「イー・アクセス」を買収しました。 その主な理由が「デザリング」だそうです。 さて、「デザリング」とは一体何でしょうか? デザリング―スマートフォンなどの携帯電話の機器を使って、       パソコンや他のモバイル端末をインターネットへ       常時接続すること。 簡単にいえば、スマートフォンとパソコンをつなげば、 外でもパソコンを使ってインターネットができるということです。 今でも、スターバックスやマクドナルド、 電車の駅などではWifiスポットというのがあり、 パソコンでもインターネットをすることが可能です。 もしくは自分で「Wifi機器」を持ち歩くことでも 利用可能といえるでしょう。 ただ、その場合には「場所が限定」されていたり、 「Wifi機器は別に契約する必要がある」など、 制限がありました。 しかし、auが「i-phone5でデザリングを始める」 と発表したことで、ソフトバンクがそれに追随し、 ソフトバンクでも「i-phone5のデザリングをおこなう」 ことが実現したそうです。 つまり、i-phone5とパソコンをつなげば、 それだけで外でパソコンを使ってインターネットすることが 可能となるのです。 (ただ、あまり使いすぎると速度制限があるようですが) ソフトバンクは電波が悪いと揶揄されてきました。 そのため「デザリング」には前向きではなかったようです。 ただでさえ、電波が混雑しているのに、 更にデザリングをおこなうと回線がパンクしてしまうのが 目に見えているからです。 ただ、今回、「イー・アクセス」を買収したことで、 イーアクセスが持っている回線も使えるようになったため、 問題解決となったようです。 ソフトバンクのHPでは、 孫正義社長の会見をユーストリームで見ることができますから、 「デザリング」をより詳しく知りたい方は、 見てみると良いと思います。 http://mb.softbank.jp/mb/customer.html


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME