「行政書士試験に受からない」って誰が決めたんですか?

「行政書士試験に受からない」って誰が決めたんですか?

「あと1ヶ月では間に合わない」 「そもそも半年の勉強では駄目だったんだ」 「私は昔から勉強できなかったのだから、 最初から無謀な挑戦だったんだ」 試験が近づくにつれて、 弱音を吐く受験生が増えてきます。 でも、それって誰が決めたんですか? 周りですか? それともあなたですか? 周りがどうこういうのは構いませんが、 自分で自分自身を信じれなくなったら、 駄目ですよ。 行政書士試験は高い山だから目指す価値があるのです。 誰でも登れる山なら、最初から魅力なんてありません。 誰でもない。 あなた自身がこの山を登ると決めたのだから、 最後まで自分に向き合いましょう。 泣いたって構いません。 下を向いたって構いません。 一歩一歩足を踏み出すことさえできれば、 前に進むことができます。 人間を数十年やっていれば、 誰だってひとつやふたつ、 乗り越えられないほどの、 つらい経験をしているはずです。 それに比べれば、行政書士試験の苦労なんて、 蚊に刺されたようなものです。 行政書士試験は高い山だからこそ、 山頂からの景色がいいのです。 「絶対に登りきる」という気持ちを持って、 日々の勉強を頑張りましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME