行政書士試験を一発逆転する方法

行政書士試験を一発逆転する方法

行政書士試験に合格するためには、 180点ラインを突破しなければなりません。 しかし、「テキスト」のみじっくり勉強し、 いまだ問題集に取り組むことすら できていない受験生もいることでしょう。 正直、残り33日の時点で、 「問題集にすら入っていない」というのでは、 合格はほぼ不可能です。 試験日までに合格するためにしなければならないことの すべてが終わるとはとても思えないからです。 ただし、ひとつだけ方法があります。 もちろん、それでも可能性は限りなく低いのですが、 たったひとつだけ大逆転する方法があるのです。 それは、 「行政法だけを徹底して勉強すること」です。 「行政法」からの出題は 行政書士試験全体の3~4割を占めています。 極端なことをいえば、行政法で満点をとることができれば、 その他の正答率は半分以下でも合格することが可能なのです。 もちろん「行政法」で満点をとるのは難しいですが、 「行政法」を得点源にできれば合格する芽はまだあります。 確かに、何年間も受験勉強をしている受験生もいる中で、 「まだ問題集に入っていない」というのは、 かなり厳しい状況であるのは間違いありません。 ただし、だからといって諦めてしまっては 可能性はゼロです。 徹底的に行政法の力を上げることで、 大逆転での合格を目指しましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME