本当に行政書士試験に一度で合格することができるのでしょうか?

本当に行政書士試験に一度で合格することができるのでしょうか?

行政書士試験の受験アドバイスをしていると、 「本当に行政書士試験に一度で合格できるんですか? 私の周りにはほとんどいないのですが」 というメールを時々いただきます。 よくよく話を伺うと 「資格スクールのクラスメート達は、 複数回受験しても受かっていない」ということだそうです。 それは当たり前ですよね。 合格した受験生が、 翌年スクールに通うわけがないのですから、 当然、クラスメートになるのは受験経験者と 初めて行政書士試験を受ける人だけです。 つまり、合格した経験のない人だけが 資格の学校に通っているわけです。 初めて行政書士試験を受ける人は右も左も 分からないわけですから、 受験経験者が「行政書士試験は1度では受からない」 といえば、「そういうものなのか」と思うわけです。 このように自分の周りを基準にして考えると 往々にして間違えることがあります。 行政書士として開業後も同様です。 行政書士会で研修があったとしても、 成功している行政書士は 「自分の業務にとって本当に必要な研修」 にしか参加しません。 常に参加しているのは、暇な行政書士だけです。 暇な行政書士が集まれば、 それは当然「行政書士では生活できない」という 話になります。 そういった話をうのみにすると、 「行政書士では食えないのか」という 考えに至るわけです。 大切なことは、誰を信じるかということです。 「1度で行政書士試験に合格した人」の話を信じるのか 「何度やっても行政書士試験に合格できない受験生」の話を 信じるのかということです。 例えば、鉄棒の上手な人に逆上がりを教えてもらうのと、 できない人同士で「逆上がりなんてできないよ」と 話し合っているのと同じで、 自分のスタンスがどこにあるのかで 結果も変わってくるのです。 合格者の話を聞けば 「こういうふうに勉強すれば合格できるのか」 と合格するために必要なことが明確になりますし、 一方で、不合格者の話を聞けば、 「これだけやっても合格できないのか」 と後ろ向きになるわけです。 常に、自分の考えがどこに置いてあるのか、 注意するよう心がけましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME