法改正情報(10)民法Ⅳ

法改正情報(10)民法Ⅳ

本日は「親権の効力」と「子どもの利益」についての 改正点を確認するようにしましょう。 1、親権を行うものは、子の利益のために子の監護及び   教育をする権利を有し、義務を負う。 2、親権を行うものは、子の利益のためにおこなう   監護及び教育に必要な範囲内でその子を   懲戒することができる。 3、父母が協議離婚をするときは、「子の監護者」   「父または母と子との面会及びその他の交流」   「子の監護に要する費用の分担」   「その他の子の監護について必要な事項」は   その協議で決める。 「民法820条」「民法822条」及び「民法766条」を 通して一読することをお勧めします。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME