法改正情報(10)民法Ⅳ練習問題

法改正情報(10)民法Ⅳ練習問題

練習問題 (1)親権をおこなう者は、子の利益のために    監護及び教育をする権利を有し義務を負う。 (2)親権をおこなう者は、監護及び教育に必要な    範囲内であり、かつ子の利益のためであっても    その子を懲戒してはならない。 (3)父母が協議離婚をする際には、    「子の監護者」「子の監護に要する費用の分担」など    必要な事項は、その協議で定める。     解答 (1)正しい (2)誤り/子の利益のためであり、監護及び教育に       必要な範囲内であれば、懲戒することができる。 (3)正しい


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME