完璧を追い求めるほど失敗する

完璧を追い求めるほど失敗する

行政書士試験は6割取れば合格できる試験です。 逆にいえば、4割は落として良いのです。 復習でも本試験でもこのことを忘れてしまうと、 大きなミスを起こしてしまいます。 日々の勉強の復習の際、細部まで こだわって覚えようとしていませんか? 試験問題を解くときに、分からない問題ほど 時間をかけていませんか? 直前期の復習では細かいことにこだわりすぎず、 全体を満遍なく読み返すことが大切です。 もう一度、全体像を思い出すのです。 本試験では難しい問題ほど短時間で答え、 分かる問題ほどしっかりと考えるようにしましょう。 難問はいくら考えても分かりませんから、 そういった問題は直観で解答し、 「確実に答えられる問題」に時間を割くようにしてください。 行政書士試験は難問をすべて落としても、 合格できるようにできています。 くれぐれも難しい問題に悩みすぎて、 正解できる問題を解く時間がなくなる、 ということだけは避けましょう。 行政書士試験の合格ラインは6割です。 完璧を求めなくとも、ほどほどに正解できれば 合格を勝ち取れますよ。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME