「資格のスクール」に通っている人への注意点。

「資格のスクール」に通っている人への注意点。

こんばんは。 行政書士の石井です。 私たちのサポートを受けている受験生には、 「独学」だけでなく「通学」「通信」で 勉強をされている人もいます。 その中で「通学」を選択されている受験生からの 質問で多いのが、 「同じクラスの受験生との付き合い方」です。 「これは絶対にやった方が良い。 あれもできたらやった方が良い。 ここは抑えておかなければ駄目だ」など 言われることが多く、全部できそうにないのだが、 どうすればよいか、という趣旨です。 資格のスクールなどに通うと、 「ヌシ」のような存在がいることがあります。 もちろん、良かれと思って接している人もいるでしょうが、 そこに頼ってしまうのは大いに危険と言えるでしょう。 なぜなら、そういった受験生は、 「行政書士試験に合格できないため、 何年もスクールに通い続けているから」です。 特に「行政書士試験は1年では合格できない」といった 話には注意が必要です。 そういった意見を刷りこまれてしまうと、 「1年で行政書士試験に合格できないのは当たり前」 という感覚で勉強することになりかねません。 1年で行政書士試験に合格している受験生はたくさんいます。 なにも「法学部卒」や「司法試験組」だけではありません。 法律知識ゼロからスタートした受験生でも、 数多く一発合格しているのです。 確かに何年もスクールに通っている受験生は、 情報を数多く持っていることもあるでしょう。 ただし、それだけ試験に落ちているということですから、 後ろ向きな発言には要注意です。 分からないことがあれば、「講師に聞く」 「坂庭、石井に相談する」など 直接、専門家に聞くようにしてください。 情報を知る時も「誰から聞くか」ということは大切ですよ。 では、今回のエントリーは以上となります。 石井


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME