行政書士試験の受験資格

行政書士試験の受験資格

行政書士試験の「受験資格」は、 「年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験できます」 となっています。 他の法律資格は、何かしらのハードルがありますが、 行政書士試験は、ほぼ皆無と言えます。 中学生でも受験できますし、外国人でも試験を受けることが 可能なのが、行政書士試験の魅力の一つと言ってよいでしょう。 例えば、社会保険労務士などは学歴などにも壁があるため、 大学を卒業していない人には、そもそも受験資格そのものが なかったりもします。 (「学歴」以外の受験資格を得ていれば、受験することはできます) 一方で、行政書士試験は実力主義です。 合格点を取りさえすれば、誰でも行政書士になることができるのです。 ただし、行政書士受験には「欠格事由」があり、 一定の人は行政書士として登録することが認められていません。 例えば、行政書士として登録するには「未成年ではないこと」が 条件になりますので、未成年者が例え試験に合格しても、 20歳になるまでは開業できないこととなっています。 また、破産者や禁錮以上の刑に処せられた者も 「欠格事由」にあたります。 しかし、復権を得たり、刑の執行から3年たつなどすれば、 晴れて行政書士として開業することができます。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME