行政書士法を読んでみよう。

行政書士法を読んでみよう。

こんばんは。 行政書士の石井です。 来年の行政書士試験まで時間がありますので、 行政書士のイメージを掴むためにも、 行政書士法を一読してみるのも良いでしょう。 以前は「行政書士法」は行政書士試験の 一科目に入っていましたが、試験制度の改正によって はずされてしまいました。 元々、条文数の多い法律でもないので、 出題できる範囲にも限りがありましたが、 私個人としては、行政書士試験なのだから、 行政書士法は再度、試験科目に組み入れても 良いのではないかと思っています。 行政書士法の第一条では、 「この法律は、行政書士の制度を定め、 その業務の適正を図ることにより、 行政に関する手続の円滑な実施に寄与し、 あわせて、国民の利便に資することを目的とする。」 として、行政書士として業務を行なう上での 基本的な心構えを示しています。 また行政書士法の第二条では、 「行政書士」となるための条件を定めています。 1時間もあれば、ざーっと読めてしまう条文数ですので、 一度、読んでみることをお勧めします。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME