「自分」と「勉強」と「家族」。

「自分」と「勉強」と「家族」。

おはようございます。 行政書士の石井です。 まず1年間の勉強を開始するにあたり、 大まかな勉強計画を立てなければなりません。 「3月までに基本テキストを1巡させる」 「5月までに基本テキストを2巡させ、問題集を1巡行う」 など。 そして勉強時間もなるべく具体的に 書きこんでいく必要があります。 「平日は何時~何時まで勉強する」 「休日は土曜は6時間勉強するが日曜は勉強しない」 といったようにです。 そこで気をつけたいのが、 「勉強時間」だけでなく、 「家族との時間」「自分の趣味の時間」なども 予定に入れておくことです。 1年間を勉強だけに費やしても必ずしも 良い効果を生むとは限りません。 家族と出かける時間を作ったり、 趣味に没頭したりといったことも必要です。 「勉強する時は一所懸命に勉強する。 家族と出かけるときは思いっきり遊ぶ」 といったように生活にメリハリをつけなければなりません。 勉強計画を立てずに思いつきでダラダラ勉強しても 決して合格できません。 合格する受験生の多くは、家族と過ごすことや 自由に遊ぶことを、勉強することと同じように 大切にしています。 もちろん、行政書士試験の直前3ヶ月前からは、 だんだんと勉強に専念する時間が増えてきますが、 だからこそ、今の時期からきちんとして計画を 立てて、勉強以外の時間を大切に過ごすことが 重要なのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME