日常生活の中で行政書士試験を意識する。

日常生活の中で行政書士試験を意識する。

最近、法律をクイズにするテレビ番組が増えてきているので、 日常生活で法律に触れる機会も増しているように思います。 ただ、そういった番組の多くが民事トラブルに関するもので、 「民法」以外の法律クイズというのは、 ほとんど目にすることがありません。 確かに「民法」は身近に感じられる法律です。 おそらく、勉強していても最も楽しいと思える 試験科目なのではないでしょうか。 一方で「憲法」や「行政法」などは、 とっつきにくい科目で、勉強していても具体的な イメージを持てずに「覚えづらいなぁ」という印象が あることと思います。 実際に「憲法」や「行政法」は、 国や行政にまつわることなので、 民間同士のトラブルである「民法」と比べると その印象は否めません。 なので、「憲法」や「行政法」に積極的に触れる機会を 自ら作っていかなければなりません。 例えば、自民党が選挙公約に掲げている 「国防軍」を作る上では、どういった手順が必要となるのか。 もちろん、憲法の改正が必要になってきますよね。 また、中国では「建設中の道路の上に、 ぽつんと1軒だけ建っている家」が話題になっていますが、 あれが日本だったら、どのような行政上の手続が必要に なるのかなど考えてみる。 このように難しい法律ほど、いかに具体的なイメージを 持つ工夫ができるかが、行政書士試験の勉強を 楽しく学べるコツと言えるでしょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME