今からでも間に合いますか?

今からでも間に合いますか?

こんにちは。行政書士の坂庭です。 勉強は順調に進んでいますか? 焦らず、だけど着実に進みましょう。 さて、私は毎日多くの受験生からご質問・ご相談を いただきます。その中で毎月必ずいただく ご質問というのがあります。 どんな質問だか分かりますか? それは、「今からでも間に合いますか?」 というものです。 特に私のマニュアルを購入しようかどうか 迷っている方は「147日で合格する ノウハウということですが、すでに 147日を切っていますが、今からでも 間に合いますか?」というご相談を いただく方もいます。 先日も39歳、会社員のSさんから このようなメールをいただきました。 私の回答と合わせてご紹介します。 もし、あなたが「今からでも 間に合うのだろうか?」と思っていたら 短期合格に必要な「要素」に気づいてください。 ↓↓↓ ここから ↓↓↓ ========================== >過去3回不合格の結果なので、正直今年はというのが >正直で勉強をまったくと言っていいほどしてません。 そうですか。合格を目指すのであれば、やはり 少しづつでもいいですから、継続して 勉強する必要があります。 >過去には、某通信講座を3年間約10数万円つぎ込みました。 >今回今からはたして間に合うのか、何といっても平日は >仕事もあり、疲れて読む気もなく忘れてしまうし >覚えられないのが現状です。 「今から間に合うかどうか」という問題は、 これまでのインプットとアウトプットの量に よりますので、一概に「今からでも絶対に 間に合いますよ」とは断言できません。 ただし、すでに3回受験なさっているという ことですから、一通りのインプットは完了して いると思います。 ですから苦手な箇所を重点的に補いながら、 アウトプットを繰り返せば、今からでも 間に合う可能性は高いですよね。 >もちろん、合格したい気持ちもありますが、 >過去の結果をみると無理かなが先に立ち >悩んでるのが正直な気持ちです。 何度も受験で失敗してしまう方の傾向は 「間違った自己流に陥って抜け出せない」という 共通点があります。 特に2回、3回と繰り返すうちに、知らず知らず 暗記に頼ってしまい、理解がおろそかになって しまうことも多々あります。 自己流に固執してしまい、暗記に頼ってしまうと なかなか解決策が見出せないまま、 受験地獄から抜け出せずに苦労して しまうわけです。 しっかりとご理解いただきたいのは 正しい勉強法を知り、実践すれば 行政書士試験は一回で十分合格できる 試験だ、ということです。 マニュアルを購入した方も実際に 一発合格している方は多数いらっしゃいます。 Sさんのようにこれまでの失敗から「今年も またダメかもしれない」というトラウマを 抱えてしまうのは、自然な心理です。 そこから自力で抜け出すのは難しい ですから、実際に短期合格している人の 勉強法を取り入れ、自己流から抜け出す ことから始めてみてください。 >S 39歳 会社員 > >通勤時間 電車で乗り換え混ぜて片道1時間 > >8時~20時位まで会社で仕事、土日は休みですが、 >疲れて何もする気になれない。 > >23時に寝て、5時に起床です。 私が見る限り、Sさんも隙間時間を攻略し、 正しい勉強法を実践すれば、合格が困難な 生活スタイルではないですよ。 実際にマニュアルを作成した石井は 毎日、14時間半の残業サラリーマンを 続けながら一発合格しています。 毎晩、深夜に帰宅し、ヘトヘトになりながらも 効率の良い勉強を実践した結果、147日で 合格しています。 最終的にはSさんのご判断になりますので、 是非、じっくりと検討してみてください。 それではよろしくお願いします。 坂庭 ========================== ↑↑↑ ここまで ↑↑↑ Sさんは4回目の挑戦ですが、今回が初めて受験しようと 思っている方からも毎日、ご相談をいただいています。 じゃぁ、初めての人は今からじゃ受からないか? というと、そんなことはありません。もちろん、 勉強時間を毎日、どれくらい確保できるかに よりますが、 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 最終的に合否を分けるのは勉強時間ではありません。 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 1.効率の良い勉強 2.絶対に受かるという覚悟 この2つです。 この2つがあれば今からでも十分合格を狙えます。 仮に効率の良い勉強をしていても、 「今年ダメだったら、また来年受ければ いいや~」という気持ちなら受かりません。 逆に、「何が何でも絶対に受かるぞ!!!」と 覚悟があっても、闇雲に効率の悪い勉強を 続けていたら残念ながら受かりません。 勉強は「時間」で決まるのではなく、 「質」で決まるからです。 ここを間違ってしまうと、「もっと頑張れば 受かるはずだ」とガムシャラに勉強時間ばかり 増やして効率が落ちるという悪循環に陥ります。 今年度の受験で合格したいのであれば 1.効率の良い勉強 2.絶対に受かるという覚悟 この2つを意識してください。 それでは頑張りましょう。 坂庭 行政書士試験勉強法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME