行政書士試験の勉強は朝やるべきか、それとも夜にすべきか。

行政書士試験の勉強は朝やるべきか、それとも夜にすべきか。

こんばんは。 行政書士の石井です。 平成25年度の行政書士件勉強を始めるにあたり、 「固定した勉強時間」を作る必要があります。 例えば「会社の昼休みに勉強する」にしても、 仕事が忙しかったり、同僚と一緒に昼食をとるとなれば、 そううまくはいきません。 継続して勉強をおこなっていくためには、 「毎日継続できる勉強時間」を考える必要があるのです。 おそらく多くの時間をとれるのは、 「朝」か「夜」でしょう。 本来お勧めしたいのは「朝型学習」です。 朝は肉体的にも精神的にも、フレッシュですから 勉強もはかどります。 一方で、夜は仕事や家事などで疲れ切っていますから、 あまり効率的とはいえません。 その点でも、まずは「朝型学習」にチャレンジしてみる 価値はあるでしょう。 ただし、朝型学習を続けてみた結果、 「目ざまし時計が鳴っても、意志が弱くて起きられない」 「子供も起きてしまうため、勉強にならない」 など、うまく適応できないときには、 他の勉強時間帯で考えた方が良いでしょう。 では、今回のエントリーは以上となります。 石井


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME