新聞は読んだ方が行政書士試験では有利ですか?

新聞は読んだ方が行政書士試験では有利ですか?

こんばんは。 行政書士の石井です。 行政書士試験受験生の話を伺うと、 「新聞を読んでいる人の方が得点(特に一般知識)が高い」 ように思えます。 勉強も新聞もそうですが、毎日継続すると、 自然と力も身についてくるものです。 なので「新聞を読みたい」と思う人は、 購読するのも良いでしょう。 一方で「新聞を購読するのはもうやめた」 という受験生もたくさんいます。 では、こういった人たちの得点が低いかといえば、 そうではありません。 むしろ高いくらいです。 おそらく「新聞を購読するのをやめる」という決断を する人の多くは、「他の情報収集手段を持っているため、 新聞を読む必要がない」という判断をしているため、 一般の新聞購読者よりも、積極的に情報を仕入れる習慣が 身についているのだと思われます。 要は「新聞を読むか読まないか」ではなく、 「情報を常に仕入れることができるかどうか」 の方が大切ということです。 新聞にこだわらずとも、いろいろな情報収集ツールは ありますから、活用できる人は新聞をわざわざ取る 必要はないのかもしれません。 中には「日経が良い」「朝日が良い」と新聞にこだわる人も いますが、経済や金融の専門家になるのではなく、 あくまで行政書士試験で求められるレベルに達すれば いいわけですから、そんなに深く考える必要は ないのかもしれません。 ちなみに、私は以前は日経新聞を購読していましたが、 今は「産経新聞の無料で読めるi-phone版」だけです。 でも、それで特に困ったことはありません。 ネットでもいろいろな記事が見られますから、 むしろ以前よりも情報の収集量は増えているくらいです。 新聞が好きな人は購読すればよいですし、 新聞以外で情報収集したい人は、 その方向性もありだと思います。 あとは「新聞ダイジェスト」や「時事ネタ」のような 書籍を購入して読んでいくのでも良いと思いますよ。 では、今回のエントリーは以上となります。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME