社会人はどこで行政書士試験の勉強をおこなえばよいのか。

社会人はどこで行政書士試験の勉強をおこなえばよいのか。

こんばんは。 行政書士の石井です。 毎日、会社で働いている受験生の場合、 勉強時間が少ないうえに、 仕事で疲れてクタクタになってしまうと いうハンデがあります。 それでも独り暮らしや実家暮らしならば、 自分の時間や勉強環境を作ることも容易でしょうが、 家庭を持っているとなると、そうはうまくいきません。 家に帰れば「家事をやらなければならない」 「子どもの相手をしなければならない」 となると勉強どころではないでしょう。 そういった環境に置かれている受験生の場合、 いかに「家で行政書士試験の勉強をしないようにするか」 考えなければなりません。 もちろん、家でもやらないといけないのですが、 できたら、外でも勉強できる場所を作れると 作業効率があがるはずです。 例えば、「通勤時間」や「昼休み」などが挙げられます。 こういった時間を有効に使えると、勉強のペースも 掴めてくるはずです。 一方で、 「家から会社まですぐ近くだ」 「昼休みは会社の同僚とご飯を食べなければならない」 受験生はどうすればよいか。 これは個々に事情が違うので一概には言えませんが、 意外と自分の生活を見直してみると勉強時間を 作れるものです。 子どもが遊んでいる横で勉強をなんとなくするのではなく、 「いつどこでなら自分は集中して勉強できるか」 を考えるところからスタートしてみると 良いのかもしれません。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME