連休中の行政書士試験勉強のおこない方。

連休中の行政書士試験勉強のおこない方。

こんばんは。 行政書士の石井です。 今日からクリスマス3連休の方も多いのでしょうか。 年末から年始にかけては曜日も良いようで、 1週間程度お休みできる人も多いようですね。 こういったクリスマスやお正月で連休となる場合には、 基本的には「遊ぶ時は遊ぶ。勉強する時は勉強する」 が良いでしょう。 「クリスマスだけど、 ここで受験生に差をつけるために勉強する」というのは あまり得策ではありません。 もちろん、行政書士試験の直前期ならば、 当然、そうならないといけないでしょう。 でも、今の時期から、そんな勉強方法を実践していると、 本試験まで体も心も持ちません。 「やるときはやる。休む時は休む」姿勢が大切です。 しかし、年末からお正月の休みが1週間あるような場合には、 そのすべてを休むというわけにはいきません。 例えば、大みそかと元日、1月2日はゆっくりするにしても、 1月3日からは少しずつ勉強を開始しても良いでしょう。 12月30日は1日中買い出しで勉強にならないのならば、 29日はテキストを1時間くらいは開くようにしましょう。 連休中はいつもの生活リズムと異なりますので、 勉強することが非常に難しくなってきます。 特に親戚や友人と会う約束がある人は、 当然、その時間に勉強することはできません。 1日中勉強することはできませんし、 またする必要もありませんが、 連休中であっても、「今日は暇だなぁ」という日や、 「この時間帯なら空いてるぞ」という時間を見つけて、 30分でも構わないのでテキストを開く機会を作りましょう。 31日~2日くらいまでは完全休みにして、 その前後の日にちで勉強できると良いと思います。 では、今回のエントリーは以上となります。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME