本屋のノウハウ本との違いとは?

本屋のノウハウ本との違いとは?

こんにちは坂庭です。 以前、ご相談をいただいたMさんから 再度、ご質問が届いたので、解説します。 > よく書店で販売されている短期必勝勉強法のような > 本のノウハウとどう違うのでしょうか? まず、市販の書籍は当たり障りのない「一般論」を 語った勉強方法です。 一方、私がご提供しているマニュアルは実際に独学で 147日前から前日までのスケジュールを1日単位でご紹介し、 著者の実体験をそのまま解説しています。 また、一般の書籍にありがちな、著者の「自己満足」や 「自慢話」ではなく、マニュアルでは全ての受験生が 各自の生活に活かせるように毎日の生活サイクルを 詳しくお聞きした上でオリジナル勉強法という個別の アドバイスをしています。 それによって、各自の生活に即した 勉強を実践できます。 さらに、ご購入いただくと3回までメールサポートを ご利用いただけますし、毎月の限定特典を ご提供しています。 市販の書籍では著者に相談したり、 アドバイスをもらうことは不可能ですし、 毎月の限定特典や、その後の追加特典が もらえることもありません。 このあたりが、一般の書籍とは大きく異なる点です。 尚、一般の書籍は改訂したら、新たにお金を払って 買いなおさなければなりませんよね? ところが、マニュアルは毎年、改訂版を無償配布 していますので、新たにお金を払って買いなおす 必要はありません。 > 私は少し前に転職を考え、あれこれ資格にチャレンジした頃が > ありましたが、見事にすべて不合格で受験料や受講料、本代は > 莫大な出費となり、時間もかなり掛けて結果はゼロでした。 > 結局今もサラリーマンのままです。 それは残念ですね、、、。 すでにご自分でも実感なさっていると思いますが、 質の良い参考書を活用することと、効率の良い 勉強法を身につけることは全く異なります。 間違った勉強法は時間もお金もエネルギーも 無駄にするだけでなく、受験地獄から抜け出せなく なったり、せっかくのチャレンジ精神が、 大きなコンプレックスになってしまうこともあります。 だからといって、今や「サラリーマンは気楽な稼業」ではありません。 いつ自分がリストラ・派遣切りされてもおかしくない時代です。 だからこそ、行政書士のような独立開業系の資格を取得し、 自らの生活費を自力で確保する覚悟が必要では ないでしょうか。 実際に私に相談する方の中には「リストラされました」 「派遣切りに遭い、ネットカフェ難民になりました」 「生活保護を受けています」「離婚し、女手一つで 子供を養いながら仕事を掛け持ちしています」 「日雇いで食いつないでいます」という 方が少なくありません。 仮に組織に属していても、もはや会社が従業員の 給料を保証できなくなっていますから、副業を 奨励し、「自分の生活費は自分で確保してください」と いう時代にもなっています。 > あれから数年が経過し、結婚して子供が出来て今度は、お金も > 時間もかけられなくなりました。 > 休みは数分机に向かうだけで、子供がよってきたり、妻から休み > ぐらい子供の世話や家事をやってくれとうるさく、勉強の時間がとても > とれずに、なんとかしなければと時間ばかりが過ぎてしまう毎日です。 確かに結婚し、小さいお子さんがいるご家庭では 「土日が一番勉強できない」という切実な問題があります。 そこで、オリジナル勉強法をご利用いただくことで、 ご自分の生活サイクルに適した勉強スタイルを 確立することが望ましいのです。 このあたりは多くの受験生からすでにご相談いただいており、 私たちには実績がありますので、安心してご相談ください。 そうはいっても、ご家族の理解と協力は 不可欠です。 「この資格を取ることで、将来どのような 生活を手に入れることが出来るのか」を しっかりと奥様に説明し、理解してもらうことも 必要ですよね。 > 正しい勉強のノウハウには大変興味がありますが、本屋でよく > 見かけるノウハウ本との違いを教えてください。 整理しますと、 ●著者の実体験を1日単位で解説している ●オリジナル勉強法やメールサポートを活用することで 著者に直接相談し、サポートを受けられる ●毎月の限定特典や追加特典がもらえる このような点が市販のノウハウ本と異なる点です。 さらに、マニュアルは毎年改訂しているため、 ご購入者は ●毎年、改訂したマニュアルを無償でもらえる という点も市販のノウハウ本とは大きく異なる点です。 是非、ご参考の上、今年度の合格を掴んでください。 それではよろしくお願いします。 坂庭 行政書士試験勉強法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME