公職選挙法

公職選挙法

おはようございます。 行政書士の石井です。 新党大地の清水宏保さんが今回の衆議院議員選挙落選後、 支援者らへのお礼をブログに書いたため、 これが公職選挙法に抵触する恐れがあるようですね。 公職選挙法は自筆の手紙を除いて、選挙後にあいさつ目的の 文書や図画の配布が禁じられているとのことです。 まぁ、実際には指摘があり、すぐにブログは削除されたので 問題ないようですが、公職選挙法は知らないと怖いですね。 こういった教育は政党内でおこなわれているようですが、 無所属で出馬する人などは、選挙経験が豊富なスタッフを つけないと、当選どころか、公職選挙法違反で 逮捕されかねません。 選挙期間中はブログやツイッターなどインターネットを 通じた選挙活動が禁止されているのは、一般的になりつつ ありますが、選挙後まで縛られる部分があるというのは、 よく覚えておいた方がよいですね。 では、今回のブログは以上となります。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME