「事実」と「意見」を分けて考える。

「事実」と「意見」を分けて考える。

こんにちは。 行政書士の石井です。 行政書士試験勉強では、 「事実」と「意見」を分けて考える必要があります。 例えば、憲法改正では各議員の総議員の2/3以上の賛成が 必要となります。 ただ憲法改正賛成派からすれば、「過半数で良いではないか」 という意見もありますし、逆に護憲派から見れば、 「2/3以上で良い。むしろ憲法自体を変えるべきでない」 という主張もあったりします。 あなた個人の意見がどちらにせよ、大切なことは 「憲法改正では各議員の総議員の2/3以上の賛成が必要」 という事実だけなのです。 あなたの意見は事実と切り離すようにしましょう。 しかし、あなたの意見を絡ませて、 事実を覚えたほうが知識としてより定着することでしょう。 「憲法改正では各議員の総議員の2/3以上の賛成が必要」 で覚えるのではなく、 「本当は過半数くらいで良いと思うけど、 事実は2/3なんだよなぁ」とか 「本当は憲法改正のハードルをもっとあげたほうが良いけど、 事実は2/3なんだよなぁ」といったように 事実に自分の意見を絡ませるとより深いものになります。 自分の意見を前面に押し出して考えるのではなく、 あくまで自分の意見は事実を覚えるための サポートに徹すると行政書士試験勉強もより 深みのあるものになると思います。 石井


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME