鏡開き

鏡開き

こんばんは。 行政書士の石井です。 今日1月11日は鏡開きですね。 鏡開きは武家社会の名残で、 包丁などの刃物で切ることは切腹を意味するため、 避けると学んだ記憶があります。 そのため「割る」「切る」ではなく、 「開く」という言葉を使うそうです。 しかし、近くのスーパーで買ってきた 鏡餅を食べようとしたところ、 「包丁で切ってください」と書いてありました。 確かに手で割ろうとしてもカッチカチで、 びくともしなかったため、結局、包丁を 使いましたが、なんなんだかなぁという思いでした。 さて、行政書士試験勉強も正月休み気分も抜け、 本格的に開始されていることと思います。 過去に受験に失敗している受験生は、 改めて、なぜ今まで不合格だったのか改めて 考え直してみましょう。 失敗は財産です。 失敗したことをひとつずつ改善していけば、 行政書士試験合格が少しずつ近づいてきますよ。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME