行政書士試験をいつ諦めるのか

行政書士試験をいつ諦めるのか

こんにちは。 行政書士の石井です。 行政書士試験に合格した受験生は、 そこで受験勉強の終了となりますが、 不合格が続く方の中には、 何年間も行政書士試験勉強を継続されている 方もいらっしゃいます。 実際に10回以上不合格続きで、 最後の希望として私のサポートを受けて、 合格した方も過去に何人もいます。 10年以上行政書士試験勉強をしていても、 きちんと仕事をしているならば、 勉強し続けることに何も言いませんが、 無職で永遠、勉強されている方の場合、 どこかでけじめをつけないといけません。 それはバンドで売れることを夢見るミュージシャンが 人生のどこかで諦めるように、 行政書士試験もまたどこかで止めるという選択肢が あっても良いでしょう。 行政書士試験で何年も不合格が続く受験生に共通するのは、 「覚悟が甘い」ということです。 「現状なんとかなってる」という意識がどこかに あるのではないでしょうか。 逆に「家庭を背負っている」「仕事が耐えられない」など どうしても行政書士試験に受からなければならない理由が ある人ほど、合格できているのです。 覚悟のないまま何年行政書士試験の勉強を目指しても 受かりませんよ。 「今年の試験でダメだったら、もう行政書士試験は諦める」 その決意で平成25年度の行政書士試験に挑みましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME