聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

こんにちは。 行政書士の石井です。 受験生のサポートをしていると、 「どんどん質問してくる人」と「まったく質問してこない人」 の違いについて考えさせられます。 「どんどん質問してくる人」の中には、 「こんな基礎的なことも知らなくて大丈夫かな」と 思う人もいたりしますが、意外とそういう人の 合格率は高かったりします。 一方で「まったく質問してこない人」の場合、 「きちんと理解できているから質問がないのだな」 と考えていると、予想以上に本試験の得点が 悪かったりします。 行政書士試験では一部、本当に頭の良い受験生は いるのですが、ほとんどの人の頭の良し悪しは変わりません。 違うのは勉強に向かう姿勢です。 「分からないことは質問する」 「自分で計画した勉強をする」 これができる受験生は、ほとんど合格しています。 逆に、 「分からないと思われることが恥ずかしく質問しない」 「誘惑に負けて、思ったように勉強が進まない」 といった受験生の合格率は著しく悪いのです。 受験者の悩みというのは、ほぼ共通しており、 「自分が分からないことは他人も理解していない」 というくらいの認識で良いと思います 行政書士試験勉強にプライドなど必要ありません。 「自分が合格するためには何が必要か」 その一点だけを考えるようにしましょう。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME