1ドル92円で。

1ドル92円で。

こんにちは。 行政書士の石井です。 1ドル92円台に入ってきましたね。 日経平均も11000円台です。 「1ドル50円や60円になる」と主張して、 昨年、テレビにでてた人たちは、 どうなっているんでしょうかね。 ただよく「新聞の一面を飾るようになったらおしまい」 という言葉もあるように、アベノミクスという言葉も、 テレビのワイドショーやスポーツ新聞などでも 連日見られるようになってきましたし、 「1ドル120円」を叫ぶ人もでてきはじめましたから、 そろそろ一旦、小休止になるかもしれませんね。 一般的に円安が進むと輸出競争力が強くなるため、 輸出産業にとっては良いとされています。 逆に輸入はコストが嵩むようになるため、 輸入産業にとってはマイナスです。 物価は上がるが、賃金も上がり雇用も回復する、 というのがアベノミクスの政策ですが、 これには賛否両論あります。 日本の借金は約1000兆円あるため、 長期金利が大幅にあがってくると、 かなりつらいものがありますが、 かといって、この数年の円高で良くなったかといえば、 決してそんなことはないので、一種のかけですね。 今後、1ドル50円になるのか、 はたまた120円になるのかは分かりませんが、 海に浮かぶ船のように、どんな大きな波がきても バランスをとれるようにしておくことが重要です。 「企業の寿命は30年」ともいいますが、 会社が例え潰れても生き残れるように、 絶対に、今年行政書士の試験に合格しましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME