いよいよ、今度の日曜日ですね。

いよいよ、今度の日曜日ですね。

こんにちは。行政書士の坂庭つとむです。 いよいよ、今度の日曜日が本試験ですね。 泣いても笑っても、本試験は待ってくれません。 刻一刻と近づいてきます。 今になって「残り●日の勉強の仕方」というものは ありません。 ここからは、本試験までの準備が重要です。 今からチェックリストを作って、少しずつ 用意しておくといいでしょう。 私の受験は小雨が降っていて肌寒かったのを覚えています。 ですから、傘や膝かけ、上着は必ず持ってください。 場合によっては、会場が暑くて一枚脱ぎたくなるケースが あるかもしれません。あまり、厚手のモコモコした パーカーなどの場合、脱げない、あるいは 脱ぎずらい場合がありますから、上着は脱ぎやすく、 着やすい服装がベターですね。 それから、試験会場によっては「時計が見ずらい個所に かけてある」、あるいは、「時計がない」、なんて可能性もあります。 携帯の時計はカンニングとみなされて見られないでしょうから、 腕時計も必須ですね。 時計がないと、ペース配分が出来ませんし、 「残り時間が分からない!」というだけで 焦ります。 時計は絶対に忘れないでくださいね。 そうそう。 このメルマガでも何度かお話していますが、 私の時は地元の大学が試験会場でした。 ところが、試験開始と、ほぼ同時にグラウンドで サッカーの試合が始まり、うるさくて集中出来ず、 非常にイライラしました(苦笑) こればかりは試験会場の配慮の問題なので どうしようもないですし、本試験では耳栓は 禁止になっているようです。 ただし、会場に着くまでや廊下、 あるいはロビーのような賑やかな場所で 耳栓を使うことは可能でしょうから、 念のため持って行ってみてください。 実際に去年も「耳栓を持って行きましょう!」と メールしたところ、「耳栓は禁止になっています」と いうご指摘をいただきました。 試験後、読者の方から「試験では禁止でしたが、 廊下やロビーなど、賑やかな場所で耳栓が役立ちました!」という ご連絡をいただいた覚えがあります。 当日、会場では使えなくても外で 使えるアイテムがありますから、 準備は周到に行いたいですね。 それから、「緊張するとお腹が痛くなる」 なんて人は薬も持っていきましょう(笑) 言うまでもありませんが、会場には 早めについておくことをお勧めします。 天候によってはアクセスに混乱が出たり、 会場入りまでに時間がかかるケースもあります。 余裕をもって早めに着けば、それだけ 心にもゆとりが出ます。仮に忘れ物を しても、家族に持ってきてもらえる時間も あるかもしれません。 交通手段によって、会場まで、何分くらい かかるか、予め把握しておくのもいいでしょう。 いろいろ書きましたが、 ●試験会場までのアクセス時間を把握する。 ●試験当日は早めに余裕をもって会場入りする。 ●受験票 ●筆記用具 ●テキストなどの教材一式 ●上着など、脱いだり着たりしやすい格好を選ぶ。 ●傘や上着、膝かけなどを用意する。 ●時計を用意する。 ●必要な薬を持つ。 ●念のため耳栓を持つ。 などでしょうか。 書き出したらキリがありませんから、 判断に迷ったら持参して、当日、 試験監督に相談し、指示を仰いでください。 試験前日の夜になって慌てて揃えようと思うと、 「買い忘れた!」なんてことにもなりかねません。 今から、少しずつ用意してください。 それから、テキストなどの教材も一式 持っていくといいですね。「重たいし、邪魔になるから」と 置いていくと、会場についてから、「そう言えば、 あれ何だっけ!?」と妙に気になる項目が出て来ます(苦笑) 一度、そうなると不安材料になりますし、 日頃から使い慣れた教材を持ちこむだけで、 「これで勉強してきたんだよなぁ」と、 妙に安心しますよ(笑) 今年度のメールとしては、前日の7日の朝に、 最後のメッセージをお送りする予定です。 スケジュールの都合で、場合によっては メールを送れない可能性もありますが、 出来る限り、時間を割きたいと思っています。 では、では。 坂庭 行政書士試験に短期一発合格する方法


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME