勉強をしていく中での、優先順位のつけかた。

勉強をしていく中での、優先順位のつけかた。

こんばんは。 行政書士の石井です。 テキストを購入して勉強を進めていくと、 「どういう順番で進めていくのがよいか」 悩む場面が出てくることでしょう。 「憲法と民法と行政法の3科目をどういった順番で 勉強したらよいのか」といったような悩みもありますし、 「テキストと問題集と六法はどう絡めるべきか」 という模索もあるかもしれません。 もっと単純に「1ページずつ覚えていくべきか」 それとも「1テーマごと理解していくべきか」 といったことかもしれません。 どちらにしても、行政書士試験の勉強を行う上で、 どういった順番で勉強していくのか、 その優先順位のつけ方は合否を左右するほど 重要な判断になることも考えられます。 お勧めする優先順位のつけ方は以下の2つです。 1、すぐ終わる方からやる。 2、やりやすい順番でおこなう。 当たり前と言えば当たり前ですが、 手元にカードがたくさんあることほど不安なことは ありません。 やるべきことがたくさんあるときこそ、 減らせるカードをどんどん切っていくことが重要です。 長い期間、カードをたくさん持つのではなく、 「すぐに出せるものから出していく」 という考え方が基本です。 ただし、あまりにも自分の考えが強すぎて、 自己流に陥ってしまうと、 逆に迷走してしまうことにもなりますので、 オーソドックスな線から外れすぎないことも また重要です。 専門家に自分の勉強のやり方で大丈夫なのか、 確認しながら進めていくこともまた大切なのです。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME