集中力が必要なものと、それほど集中力のいらないもの

集中力が必要なものと、それほど集中力のいらないもの

こんばんは。 行政書士の石井です。 勉強には集中力が必要なものと、 それほど集中力のいらないものの2種類があります。 どちらかといえば、インプットの方が集中力は必要で、 アウトプットの方が高い集中力は いらないかもしれません。 例えば、「テキストを覚える」のは大変ですが、 「問題を解く」のは多少、風邪を引いていても できることと思います。 また、読めない漢字を調べたり、 語句の意味を確認したりする作業は、 更に集中力は不要かもしれません。 自らの体調や勉強している環境によって、 どういった勉強をおこなうべきか考えることもまた、 行政書士試験の勉強をおこなう上で重要なことなのです。 日中、子供が騒ぐ中で勉強している人は、 高い集中力を保つことは困難でしょう。 そういった時間帯は、 「読めない漢字を調べる」「語句の意味を確認する」や 「問題演習」に充てて、子供が寝ている時間帯に、 テキストの勉強を読み進めるなどが良いでしょう。 もちろん、一概には言えないのですが、 自分の置かれている状況を踏まえたうえで、 効率の良い行政書士試験の勉強法を 構築して合格を目指すようにしましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME