クラシックを聞くと行政書士試験の勉強ははかどるのか。

クラシックを聞くと行政書士試験の勉強ははかどるのか。

こんばんは。 行政書士の石井です。 「クラシックを聞くと頭がよくなる」や 「クラシックは勉強がはかどるようになる」 ということを聞くことがあると思います。 それは本当なのでしょうか。 すべてが事実かどうかは分かりませんが、 一部分については正しいようです。 脳には左脳と右脳があります。 言語や思考をつかさどるのは左脳で、 行政書士の試験勉強で使うのもこちらです。 一方で、音楽や感情に関係あるのが右脳で、 クラシックではこちらの動きが活発になります。 普段生活している上で、人が使う多くの部分が左脳で、 音楽や演劇など右脳を刺激してやることで、 脳全体が活性化されるのだそうです。 つまり、左脳ばかり酷使していると疲労してしまうので、 うまく右脳を使うことで、脳全体を機能させてやろう、 ということだそうです。 ここで大切なのがクラシックのような歌詞のないものを 使うことだそうです。 日本語の歌詞のあるものだと左脳を刺激してしまい、 効果が大幅に落ちるのだそうです。 昨日のブログで書いた「集中力をそれほど必要としないもの」 であれば、クラシックを流しながら実践してみても 良いかもしれませんね。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME