押し買い規制

押し買い規制

こんにちは。 行政書士の石井です。 改正特定商取引法の施行に伴って、 いわゆる「押し買い規制」が始まりました。 あまり聞きなれない言葉なので、 「押し売りは知ってるけど、押し買いってなんだ?」 という人もいるかと思いますが、 自宅に押しかけ貴金属やブランド品などを、 相場より安い価格で強引に買い取ることのようです。 よく訪問販売などで、 「布団を買ってください」 「宝石を買ってくれるまで帰りませんよ」 とお年寄りなどに強引に販売しようとするのが「押し売り」で、 反対に 「お宅の貴金属を5000円で売ってください」 「そのブランド物のバックを売ってくれるまで、 ここから一歩も動きませんよ」 というのが「押し買い」です。 「押し買い」の場合、被害者が消費者ではなく 販売者となるため、今まで規制の対象外でしたが、 被害が拡大しているということで、 同法の改正にいたりました。 同法の改正によって罰則がもうけられたり、 クーリングオフが適用されたり、 契約時に購入価格や業者の連絡先を記した書面が 必要になりました。 また、売主から依頼がないと業者は買取ができないことと されています。 一方で簡単には持ち運べない大型家具や、 規制すると流通に支障のでる自動車などは 規制の対象外となっています。 行政書士試験でも一般知識の科目として、 出題される可能性があるため、 勉強しておくことをお勧めします。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME