ゼロではなく、マイナスという意識を持つ

ゼロではなく、マイナスという意識を持つ

こんばんは。 行政書士の石井です。 長年、行政書士の試験勉強をしている受験生の中には、 勉強することが趣味の世界になっている人がいます。 (ほとんどの人は、そうではありませんが) 受験に落ちることが悔しくないのか、 不合格という結果が出ても淡々としていたりします。 もちろん、受験勉強の中から人生で学ぶことも あるでしょう。 そういった意味では、無駄な時間とはいいません。 しかし、1日2時間を1年間勉強し続けたら、 年間730時間にもなります。 この生活を5年間続けたら3500時間以上です。 その分、失われてしまっているものもあるのです。 行政書士になるためには数百時間は 費やさなければならないでしょう。 それは必要経費ですから仕方ありません。 ですが何千時間も使って良いのかといえば、 そうではありません。 5年も10年も過ぎていたら、 その分、人生の大切な時期が過ぎ去ってしまいますよ。 失っている部分の大きさを感じるようにしましょう。 石井

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME