行政書士試験の勉強をはかどるようにするには、頭の中を空っぽにすること。

行政書士試験の勉強をはかどるようにするには、頭の中を空っぽにすること。

こんばんは。 行政書士の石井です。 行政書士試験まであと、200日と少しになりました。 約7ヶ月ですね。 順調に勉強が進んでいる人はそのままの調子で、 逆に今の勉強方法がしっくりこない人は、 早めにやり方を自分に合うものに変えていきましょう。 ところで、行政書士試験の勉強って、とても疲れますよね。 私も受験生当時のことを振り返ってみることがありますが、 試験勉強以外のことって、ほとんど覚えていません。 仕事やプライベートのことを考えてみても、 受験生前後の記憶と比較して、 3割程度しか覚えていないのではないでしょうか。 それはなぜか。 行政書士試験勉強以外のことでは、 頭をなるべく使わないようにしていたからです。 仕事だけでなく、生活のスケジュールはすべて手帳で 管理するようにしていました。 「明日は外回りで横浜駅に行く予定があるから、 ランチはあそこの中華屋で食べよう」とか 「今週の休みにはクリーニング屋にスーツを取りに行く」 など、どうでも良いことまで 手帳に書いていた記憶があります。 特段忘れても問題ないことなのですが、 どんな些細なことであっても、 「覚えておかなければならない」 という気持ちがどこかにあるのが嫌だったんですよね。 どうでも良いことであっても、 いざ本当に忘れてしまうと、 「あれ、なんだったけかな」と考えることになりますから、 そういったことは避けるようにしていました。 「覚えておかなければならない」 +「忘れたら思い出さなければならない」 というのは、頭にかなりの負担を与えるからです。 その点、手帳に書き込んでしまえば、 いつでも見て思い出すことができます。 いわば、脳の一部みたいなものです。 頭にいろいろなことを積み込んでいると、 常に脳にストレスがかかりますから、 なるべく空っぽにして、 行政書士の勉強だけに力を注ぐよう心がけましょう。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME