ちゃんとインプットできていますか?

ちゃんとインプットできていますか?

こんにちは。 行政書士の坂庭です。 行政書士試験の勉強は順調ですか? 最近、立て続けに、このようなご質問を いただきました。 「勉強は計画通りに進んでいるんですが、 理解できているか不安です・・・」と。 そこで、今日はインプットの仕方について。 勉強の進め方としては、 【1】とにかく計画を優先する 【2】計画が遅れても、理解を優先する ここが一番、悩むところでしょう。 結論から言うと、 【1】とにかく計画を優先する これが、もっとも効率が良く、合格する可能性が 高い勉強法です。 何はともあれ、まず、1巡すること。 これが非常に重要です。 なぜなら、 「すべてを理解して、覚えてから次へ進もう」 と思っても、進まないからです。 「憲法が終わって、民法に入ったころに 振り返ってみると、憲法を忘れている・・・」 「民法の途中まで勉強したけど、すでに 民法の最初の方を忘れている・・・」 そう思って、また憲法や民法の最初から 勉強をし直してしまう受験生がいます。 潔癖症や完璧主義に多い、「もっとも 効率の悪い勉強法」です。 あなたは、大丈夫ですか? 憲法、民法と順番に、完璧に理解して覚えてから 次へ進もうと思っている間は、永遠に合格できる レベルに達しません。 なぜなら、いくら時間があっても足りないから、です。 それよりは、何はともあれ、まず1巡し、 全体像を把握することが重要です。 この1巡目に時間をかけすぎてしまうと、 時間切れになってしまうわけです。 「理解できないまま進めるのは気持ちが悪い」 「ちゃんと理解できているか不安だ」 というお気持ちは非常によく分かります。 よく分かりますが、毎年、短期合格する 受験生は、ほぼ、確実に、「まずは1巡して 全体像を把握すること」に専念しています。 実際に、そのようにアドバイスしていますが、 だからこそ、早い段階で全体像を把握し、 その後、じっくりとインプットに取り組むことで、 結果としてその年に短期合格を果たしています。 今の勉強法は大丈夫ですか? まずは、一通りテキストに目を通して 行政書士試験の全体像に目を通していますか? くれぐれも、「今勉強しているところを 完璧に理解して覚えてから次へ進もう」と 思わないことです。 「まず、1巡すること」 これだけを意識して進めましょう。 そうすることで、行政書士試験の全体像を 把握できるので「漠然とした不安」も消えます。 また、 初めての勉強でも、2巡する頃には、なんとなくでも 覚えている部分もあります。 最初の1回目は、そんな程度で十分ですよ。 この最初のインプットの方法を間違うだけで、 「今年度の試験で合格できるか?できないか?」が 決まってしまいます。 ちなみに、 私がご提供しているマニュアルでは、この 最初のインプットの方法が非常に画期的で 効率の良い方法になっています。 なぜなら、 ◎法律知識が全くのゼロからのスタートで、 ◎1日の労働時間が14時間半の残業サラリーマンが、 ◎平日の勉強時間は、わずか2時間。 ◎しかも、ほとんどは移動中などの隙間時間を使い、 ◎平日に家で机に向かって勉強した時間はほとんどない そんな石井浩一氏が、実践したノウハウを使えば、 >最短で受かりたいなら、●●●●を●●せよ! >私は、たった1日で行政書士の勉強が終わりました(笑) ということも可能だからです。 これまでもマニュアルをご購入いただいた 受験生のほとんどが、 「目からウロコです・・・」 「こんなインプットの方法があるなんて 知りませんでした!」 と言う方法です。 私も初めて彼のインプットの方法を聞いたときは、 「え゛っ、そんな勉強の仕方があるの!?」と 驚きました。 でも、この方法を使えば、本当に可能です。 もし、あなたが「今勉強している個所を しっかり理解して完璧にしてから次へ 進もう」と思っていたら要注意です。 目からウロコの画期的な手法で、 インプットしたいなら、是非、今すぐ このノウハウを活用してください↓ 147日で行政書士試験に合格する方法 では。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME